バイナリーオプション 比較_01

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは何なのでしょうか?
FXや株とは違うのか?

バイナリーオプションと聞いて、わからない方も多いと思います。
ですので、バイナリーオプションについて正しい知識を説明致します。

バイナリーオプション(英語: binary option)は為替金融商品の一種に分類されます。

株式やFX(外国為替証拠金取引)は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、

その後の「値動き」で「利益か損失」を確定させます。

またその「値幅」に応じて「利益」や「損失」がの幅も大きくなります。

バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が
「上昇する」
「下落する」
の2択を予測する事になります。

その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点では、株やFXと変わりません。

ただ「確定損益金額」は「値幅」によって変動はなく固定されるのが特徴です。

またレバレッジという考え方が無いので追証はありません。

よって、「最大損失額」を自分で限定して取引できる。

ただ、短期間に繰り返し取引した場合、損失額が大きくなるおそれもありますので、その点は十分注意しなければなりません。

バイナリーオプションのリスクとは?

その1 簡単ではない

バイナリーオプション取引は、為替相場等が上がるか下がるかを予測するもので、確かに一見すると簡単な取引に見えます。

ただ、短期間に繰り返し取引した場合、損失額が大きくなるおそれがあります。

簡単なので利益が出るといった事はありえません。

リスクの高い取引であることをよく理解しましょう。

その2 海外業者とのトラブル

トラブルで多いのは、海外業者とのバイナリーオプション取引で、いずれの業者も日本国内での金融商品取引業の登録は確認できていません。

ただ、海外の金融庁の許可は得ているようです。

しかし、海外の金融庁の許可を得ているからといって安心できるものではありません。

何か問題が起こったときに、海外の金融庁では対応してくれない可能性は非常に高いです。

契約する前に、日本の業者の登録の有無を確認し、無登録の業者との契約は行わないようにしましょう。

業者が登録されているかどうかは、金融庁ホームページ「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」で確認することができます。

その3 絶対に儲かる

「絶対にもうかる」
「簡単にもうかる」

バイナリーオプションは非常にわかりやすい取引なのは事実ですが、こういったことはありえません

また、バイナリーオプションで「攻略法を教えるから、いくら払って」というような勧誘にも注意が必要です
バイナリーオプションに挑戦してみたいけど、何処の業者を使えば良いのか。。

こんな方も多いと思います。バイナリーオプションで好成績を収めるためには、業者選びというのは非常に重要になってきます。

なぜならば、あなたの大事なお金を業者に預けるからです。

そんな方の為に、わたしが海外、国内バイナリーオプション業者を独断と偏見で紹介していきたいと思います。

簡単に自己紹介させて貰うと、わたしは30代後半の独身男性。投資歴は15年以上で株式、先物、FX、バイナリーオプションを取引しています。

20代の頃は、まじめに会社員をやりながら、兼業トレーダーをしてましたが、30代になってからは専業トレーダーとして生きています

投資が好きすぎて、完全に婚期を逃したなといった具合です。

ちなみに私が利用している所は「GMOクリック証券のバイナリーオプション」になります。

そんなことはどうでも良いのですが、バイナリーオプション初心者の方の為に、「バイナリーオプションとは何なのか?」から説明していきたいと思います。

バイナリーオプションはどういうもの?

バイナリーオプション 比較_02

バイナリーオプションの「バイナリー」とは「0」「1」いう意味。

では「オプション」とはどのような意味なのでしょうか。

難しく考える必要はありません。

基本的な仕組みはとてもシンプル。

「オプション」とは「権利」を意味します。

ようするに、株や貴金属などをいつか売買する権利に対して投資をする、それをオプション取引きと言います。

そもそも、「権利」の売買とはなんでしょうか。

例えば、あなたが春先に松茸を手に入れたとします。その松茸の金額を決めて、売買します。その売買する為の権利のことを言います。

普段松茸の平均は1キロ1万円程度。しかしその年によって収穫が少ないと2万円程まで高くなることもあります。

その場合、前もって秋口に1キロ1万円で買う為の権利として、チケット代1000円で買います。それがオプション取引きです。

前もって買い取ることのできる権利を持っていれば、2万円の値のついた松茸を1万円で買うことが出来ます。1000円のチケット代を差し引けば9000円の儲けですね。

もし、その年豊作で、松茸が1キロ7000円だった場合、は7000円で買い取り、1000円のチケット代金を差し引く形となります。

バイナリーオプションはシンプル!

バイナリーオプション 比較_08

為替のバイナリーオプション(以下、バイナリーオプション)についてお話しします。バイナリーオプションの取引き内容はとてもシンプルですが、簡単ではありません。

必要なのは、短い期間で予測するだけです。

予測するのは為替の動きです。

外貨に対して円が「上がった」のか「下がった」のかを予想するわけです。

つまり買ったチケットがいくらの利益が出るのかを予測するのではありません。

選んだチケットに対して「円高」か「円安」かを予測します。

予測が当たれば払戻し金が受け取れるといった、仕組みとしてはシンプルです。

例えば、あなたはまず1ドルが1時間後に77000円よりも円高になるのか円安になるのかを予想します。

払戻し金倍率2倍という条件で「円安」と予想し100円のチケットを買ったとします。

1時間後に1ドルが80000円になった場合、あなたの予測は当たったわけですから、チケット代金の2倍の200円の払戻しがあります。

元々買ったチケット代金の100円があなたの利益になるということですね。

逆に1ドル60000円で円高だった場合、予想は外れてしまったので払戻し金はありません。チケット代金の100円を損したことになるのです。

よく耳にするFXもバイナリーオプションと同様に為替を投資の対象としています。

しかし、FXのように為替が何銭動くかによって損益の大きさが決まるものでは無く、バイナリーオプションは決まった時間に

「円高になるか」「円安になるか」

を予測する必要があります。

バイナリーオプションの投資判定ルール3タイプ

バイナリーオプション 比較_03
entry to the meeting room

バイナリーオプションの基本的な投資判定ルールは、
1.「ハイアンドロー」
2.「ワンタッチ」
3.「レンジ」
の3種類です。

この3つの中から自分に合ったものを選んでいただければと思います。

どれも取引時間内までに為替レートが円高または円安のどちらに動くのかを予想するという点では同じですが、

為替の動きがどうなっていれば払い戻し(ペイアウト)が発生するかという判定基準が異なります。

では具体的に違いを詳しくしみてみましょう。

まず、「ハイアンドロ一」は、その名のとおり、取引判定時間に円の価格が基準レートより「円高」になったか「円安」になったかを判定基準にしています。

重要なのは基準レートよりも円高になったのか円安になったかだけで、判定時間までに為替が何銭動いたかまでを予想する必要はありません。

次の「ワンタッチ」は、取引時間全体を判定基準にしています。

これは取引時間中に円が一度でも予想レート価格に「到達した」か、または一度も「到達しなかった」かで払戻金額が決まります。

最後の「レンジ」は、円高でも円安でも判定時間のレートが「レンジ」、つまり予想した「幅内」におさまっているかどうかが判定基準です。

取扱会社すべてが、これら3つのルールのバイナリーオプションを提供しているわけではありません。

それぞれに取引の面白さや醍醐味がありますので、各社のホームページなどを見て、自分と相性のいい取引方法を探してみるといいでしょう。

バイナリーとは二者択一という意味

バイナリーオプション 比較_04
Image of two young businessmen discussing new project in office

種類豊富で初心者にも簡単な仕組み、投資結果も分かりやすい

一言に「バイナリーオプション」といってもさまざまな種類がある。

たとえば、世界の株式指数や、金銀、原油先物への投資を対象に取引するものなど実に多彩。

その中でも、為替のバイナリーオプションは、いちばん情報を集めやすく、投資を覚えるにはわかりやすい部類には入ります。

これからは為替のバイナリーオプションに限定して説明していきます。

そもそも「バイナリー(binary)」とは「2つの要素からなるもの」または「二進数」という意味です。

つまり「0」か「1」、どちらかということ。「0」か「1」なので、その数字が示す意味のとおり、

ある条件をクリア「する」か「しない」かが投資対象となります。具体的に説明すると、条件の決められた二種類のチケットがあります。

そのうち、条件をクリア「する」と予想したチケットを購入したとする。

為替のバイナリーオプションは、外貨に対して円が「上がる」か「下がる」か、を予想し、その予想した側のチケットを購入します。

そして、予想どおりの結果になれば利益を得られるという仕組みです。

実際の取引では、一定期間内に自分の予想するチケットを購入し、時間が来ると結果の判定をされます。

予想が当たっていれば払戻金として利益を得られ、はずれるとチケットの購入代が損となります。

この仕組みは為替に限ったものではなく、どのバイナリーオプションでも同じです。

「定額型」と「変動型」、2つのバイナリーオプション

バイナリーオプション 比較_07

分かりやすさを選ぶか?それとも大きな利益を狙うか?

バイナリーオプションで投資する為の作戦を考える為にも、まずは取引きの種類について説明します。

バイナリーオプションには大きく分けて「定額型」と「変動型」の2種類があります。

まず「定額型」。これは単純に円が「上がる」か「下がる」かを予想するものです。予想外当たるか外れるかの確率2分の1。払戻し倍率は2倍未満です。

次に「変動型」。これは円高か円安かを予想し、更に「どの程度まで価格が動くのか」を予想します。これは予想する幅が広く、結果も様々な可能性があります。

もちろん、取引きをしている時間内で相場が動くことがありますし、チケットを買うタイミングによっても、それぞれの予想が当たる確率は変化します。

「変動型」では複数のチケットがあり、当たる確率が低いチケットほど払戻し倍率は大きく設定されています。

また、当たる確率の高いチケットは払戻し倍率が小さく設定されています。

更に、「変動型」のもう一つの大きな特徴として、取引きする会社によっては条件次第で払戻し倍率20倍などが出てくることもあります。

分かりやすくシンプルな投資であれば「定額型」、大きな利益を求めるなら「変動型」を選択します。

<h2挑戦は誰でも出来る、ただ勝つのは難しい!

バイナリーオプション 比較_05

少ない金額からのスタートでリスクも最小限に、そんな新たなタイプの金融商品

自由競争が当たり前、逆にいえば、個人の努力や能力次第、そういう世の中になりつつある現代。

投資もリターンだけが目的ではなく、自分の能力アップのためや、経済の仕組みを理解することなども含めて挑戦する方が増えてきています。

ですが、いざ「投資」を始めようと思っても、まとまった資金、知識が無ければなかなか手を出せないというのが現実です。

株式や投信などの投資の一般的なイメージは、元手になる資金が多く必要で、その後のリターンの回収にも時間がかかるものと思われがちです。

しかし、投資結果がすぐに分かり少額で始められ、リスクも抑えられる、そんな手軽で分かりやすい特徴をもった投資もあります。

それが「オプション取引」の一種である、バイナリーオプション。これからご紹介するのは為替のバイナリーオプションです。

ベースの理論は複雑かつ緻密に成り立っているのですが、実際の取引はとてもシンプル。

円が外貨に対して「上がる」か「下がる」か、だけを予想するというとても単純なもの。

奥が深いのに、手軽で簡単に始められ、工夫次第で資産を増やせる可能性を併せ持つ、高い注目を集める金融商品のひとつ、

それがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションの取扱先決定の決め手は?

バイナリーオプション 比較_06

簡単に行えるバイナリーオプションですが、取引内容や方法は取扱会社によって異なります。取扱会社の決定で注意したいポイントを見ていきましょう。

ポイント1:信頼性
バイナリーオプションの取引を行えるのは証券会社です。証券会社は許認可制ですから、一定の信頼性はあります。
そんな中でも、預託金の信託保全制度、会社規模や経営状態は把握しておく価値ありです。
日本の会社か海外の会社を選ぶ場合は、日本語でのサービスやサポートがあるのかにも注目しましょう。

ポイント2:投資サービスの内容
以下の質問を参考に、内容をより細かく見てください。

①判定基準:どのタイプの投資がしたいか?例「ハイアンドロー」「ワンタッチ」「レンジ」
②投資金額:いくらまでなら投資できるか?例「具体的金額」「ロット数」 など
③通貨ペア:取引に使用したい通貨ペアは?例「ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」など
④取引時間/回数:1回ごとの取引時間は?1日に何回の取引をしますか?
⑤払戻倍率:払戻倍率は何倍までか?-設定条件によって倍率が変わることがあります。

以上のようなサービス内容等を目安に、自分に合った取扱会社の選定を行いたいですね。